雑記

【注意】Amazon Payからご請求内容のお知らせ 不審なお支払いが検出とのメールはフィッシングメール

Amazonから請求内容のお知らせ フィッシングメールに注意

2020年の2月6日にAmazonから「Аmazon ご請求内容のお知らせ」というメールが届きました。中身を見るとご請求金額\262,622 (税別)と、とんでもない額が記載されています。

多額の請求に驚いてしまって正常な判断が出来なくなってしまいますが、新手のフィッシングメールで間違いありませんので落ち着いて対処しましょう。

過去のAmazonを騙るフィッシングメールまとめ記事を作成したのでよろしければこちらもご参考下さい。

Amazonを騙るフィッシングメールまとめ対策とよくある質問
Amazonを騙るフィッシングメールまとめ 対策と引っ掛かってしまった際の対処方法、よくある質問 図解入りここ最近、Amazonを騙るフィッシングメールがかなりの数で出回っている様です。私が実際に経験したのは2019年4月の事。あれから1年近...

届いたフィッシングメールの内容

届いたメールの内容は以下の通り。

Аmazon お客様

日頃は、Amazon をご利用いただきまして誠にありがとうございます。
お客様のアカウントは強制停止されています – アカウントで不審なお支払いが検出されました。取引注文を防ぐために、個人情報を確認する必要があります。

Аmazon ログイン

なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に申し訳ございません、お客様の安全の為、アカウントの利用制限をさせていただきますので、予めご了承ください。

概要
処理日
2020年2月6日 9:12:51 JST
ご請求金額
¥ 262,622 (税別)
お支払い方法
クレジットカード
Amazon Pay注文番号
P28-2128281-3697152
販売事業者お問い合わせ先
Apple Store
info@apple.com
販売事業者ご注文番号
4-60252308

サポート
注文の詳細は、Amazon ページ上部より、Amazon Pay にサインインをクリックしてご確認ください。
ご注文状況や請求内容に関するお問い合わせはApple Store(info@apple.com)にお問い合わせください。
ご注文に関するトラブルは、購入者向けAmazonマーケットプレイス保証の対象になる可能性があります。

引用:Amazonを騙るフィッシングメール本文より

実際は画像を巧みに使って本物のAmazonとそっくりのページとなっています。

メールを開けてしまった場合

メールを開けてしまってもそこから情報が取られたりという事はありません。この状態で相手が知ってるのはメールアドレスだけです。

この段階で気づいた方は届いたメールを迷惑フォルダに登録するなど、受信拒否設定をしてしまいましょう。

フィッシングメールの狙い

この手のフィッシングメールは不特定多数の人に対してメールを一斉送信し、「不正な支払いを検出したよ」とこちらの不安を煽って正常な判断が出来なくなる様に仕向けます。

メール本文に記載の通りにURLへ進み、支払い状況を確認しようといつもの様にIDとパスワードを入力してログインしようとすると「IDとパスワードが盗まれる」仕組みになっています。

フィッシングメールを送っている相手の狙いは”こちらのIDとパスワードを盗み個人情報を手に入れる”という事です。

IDとパスワードを入力してしまった場合

正常な判断が出来ず、誤ってIDとパスワードを入力してしまった際に取るべき対処方法です。

対処方法
  1. Amazonのサイトにログイン出来るか確かめる
  2. ログインが出来ればパスワードを変更し、クレジットカードの情報も一旦削除する
  3. ①でログイン出来ない場合は、Amazonサポートセンターへ電話する

Amazonサポートセンターの電話番号は【010 1 206-922-0880】です。

IDとパスワードを入力してしまってもすぐに気づく事ができれば二次被害を減らせますが、時間が経てば経つほど個人情報が取られたり、Amazonで不正に買い物をされたりとリスクが高くなります。

万が一個人情報が取られてしまうと、取り返しがつかないのでアカウントを乗っ取られてしまった場合は

  • Amazonアカウントの停止
  • クレジットカードをストップ

と対処しましょう。

1人で悩むよりも誰かに相談したり、Amazonのサポートセンターへ確認する事をオススメします。

さいごに

この手のフィッシングメールはイタチごっこの様に後を絶ちません。言い方は悪くなってしまいますが、送ってくる相手も当然悪いですが引っ掛かってしまう自分にも責任はあります。

かく言う私も同じようなフィッシングメールでIDとパスワードを入力してしまった過去があります。お恥ずかしい限り。

その時はすぐに気づいた為、ログイン情報を変更し、被害に遭う事はありませんでしたが、自分自身の認識の甘さを痛感しました。

実際に私も「こんなの誰も引っ掛からないだろ」と思っていましたし、まさか自分が引っ掛かるとは夢にも思っていませんでした。

ちょっとした気の油断が取り返しのつかない事を招いてしまう事もあるので自分自身を守る為にも注意したいところです。

それでは最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

【フィッシングメールまとめ記事】

Amazonを騙るフィッシングメールまとめ対策とよくある質問
Amazonを騙るフィッシングメールまとめ 対策と引っ掛かってしまった際の対処方法、よくある質問 図解入りここ最近、Amazonを騙るフィッシングメールがかなりの数で出回っている様です。私が実際に経験したのは2019年4月の事。あれから1年近...
ABOUT ME
mokki
2018年に30歳となり、第一子となる息子が誕生。田舎の中小企業に勤務。 朝起きて、仕事に行き、帰ってきては寝る。という同じ様な毎日から抜け出したくてブログを始める。自身の経験を基にお役立ち情報を配信しています。

POSTED COMMENT

  1. n より:

    先程、全く同じ内容のメールが届きました。
    フィッシングだろうな…と思いつつも少し心配だったので、こちらの記事を見てほっとしました。
    ありがとうございます。

  2. まさ より:

    本日日付部分以外が同じ内容のメールが届きびっくりしましたがこちらを見てほっとして、そのまま削除いたしました。
    ありがとうございました。

    • mokki より:

      まさ様
      コメントありがとうございます。
      少しでもお役に立てたようで幸いです。
      あの手この手と手口を変えて狙ってきますのでお互い気をつけましょう!

  3. cazp より:

    本日同じ内容のメールが届きました。
    こちらを確認し削除しました。
    ありがとうございます。

  4. MM より:

    今までに2通来ました。
    目障りですね。
    気を付けましょう!

    • mokki より:

      MM様
      コメント有難う御座います。
      一度届いた所には何度も送られてくるようですね…。
      お互い気を付けましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。