雑記

子供の頃からトマトジュースが大好きな私が選ぶおすすめトマトジュース5選と体感した効果について

私が選ぶトマトジュース5選と体感した効果

私は小さな頃からトマトジュースを飲んでいて、物心ついた頃にはが大好きになっていました。きっかけは自分でも分かりませんが、うろ覚えながら亡き祖父に連れて行ってもらっていた喫茶店でトマトジュースばかり飲んでいた記憶があります。

トマトの栄養素と言えばリコピンが有名で、他にもトマトには様々な栄養素が含まれています。

とは言え、苦手な方も多いと思うので私が実際に体感した効果を基に、各商品の紹介をさせていただきます。

もっき
もっき
身体に良いと言われてるけど、実際どうなの?

1ヶ月間飲み続けて実際に体感した効果

トマトジュースを飲む事によって

  • 美肌効果
  • 便秘解消
  • 血圧抑制
  • むくみ解消
  • ダイエット効果

※リコピンについては後述

上記のような効果が期待されていますが、私が実際に体感したのは便秘解消とダイエット効果の2つ。便が出る事で体重も減るので実際にはセット効果のような感じでしょうか。

私は元々便秘体質という訳ではありませんが、飲むと快便になるんです。驚いたのは1日に4回トイレに行った事。(※飲み続けた1ヶ月間のうち1日だけです

もっき
もっき
少し汚い話しで申し訳ないんですが、お腹を下したりという事では無く、普通の便がしっかりと出るんです。

その他の日も「便が出ない…」という日は無くなり、正に効果を体感した瞬間でした。お陰で年末年始の暴飲暴食にも関わらず、体重が増える事はありませんでした。

私が選ぶトマトジュース5選

トマトジュースといっても様々な商品が販売されています。実際に市販されている7種類を飲んでみましたので感想と共にランキング形式でご紹介させていただきます。

味の好み等、個人差があると思いますのでご理解の上、参考下さい。

ランキング1位:理想のトマト(伊藤園)

伊藤園が販売している理想のトマト。
私が飲んだ商品の中ではぶっちぎりで美味しかったです。
物凄く濃厚でドロドロしている為、濃いのが苦手な方にはおすすめできませんが濃いのが好きな私にとっては味共に最高評価を付けたいと思います。
ただ、値段が他商品に比べて高いのでそこに関しては★3つとしました。
内容量:900g
総合
濃さ
値段(税別380円)
一口飲んだら止まらない…。

ランキング2位:リコピンリッチ(デルモンテ)

トマトソースで有名なデルモンテ(キッコーマン)。
名前の通りリコピンが豊富で、濃厚ながらサッパリとした味で飲みやすいです。
ただ、今回紹介した商品の中で1番値段が高く、★3つとしました。
内容量:900g
総合
濃さ
値段(税別390円)

ランキング3位:トマトジュース(カゴメ)

定番のカゴメから販売されているトマトジュース。
スッキリしていて飲みやすく、初心者の方にオススメします。
上位2つの商品と比べるとサラサラしている為、私には若干物足りなく感じます。
内容量:720g と少々少な目です。
公式サイトにも定価が掲載されていなかったのできちんとした値段が分かりませんでしたが、市販されている物は200円程度で販売されています。
総合
濃さ
値段

トマトジュースと言えばカゴメが1番に思い浮かぶんじゃないでしょうか。日本で初めてトマトジュースを作ったのもカゴメさんです。こちらは食塩無添加のタイプですが、他にも低塩タイプがあります。

もっき
もっき
私自信長年愛飲しており、一口飲めばカゴメだと分かるレベルに達しました!笑

ランキング4位:熟トマト(伊藤園)

伊藤園から販売されています熟トマト。あまりドロドロしておらず、サッパリとした味です。どうしても同社から販売されている理想のトマトと比べてしまいますが飲みやすいです。濃い物が好きな私にとっては若干物足りなさを感じます。
内容量:900g
総合
濃さ
値段(税別340円)

ランキング5位:桃太郎ブレンド(デルモンテ)

トマトソースで有名なデルモンテ。そこまでドロドロしていないが、サッパリしすぎない中間ぐらいの濃さ。ドロドロが好きな私でも美味しく飲めました。
内容量:900g
総合
濃さ
値段(税別372円)

ランキング圏外:トマトジュース(デルモンテ)

同社のリコピンリッチとは違い、サッパリとした味です。私には少々物足りませんでしたが、初心者には飲みやすいかもしれません。
内容量:900g
総合
濃さ
値段(税別330円)

ランキング選外:トマトジュース(トップバリュ)

イオンのプライベートブランド「トップバリュ」。ここでは選外としましたが、意外と言っては失礼ですが美味しかったです。
注目すべきはやはり価格でしょうか。今回紹介する商品の中ではダントツの安さ。上位勢と比べると定価であれば2本購入してもお釣りがくるほど。サッパリサラサラしていて、デビューにはうってつけだと思います。
内容量:900g
総合
濃さ
値段(税別138円)

総評

あえて順位をつけて紹介させていただきましたが、どの商品も美味しかったです。ヘビーユーザーの私が一つだけ選ぶとしたら「理想のトマト」ですかね。砂糖、食塩無添加を疑いたくなる程の美味しさです。

大切な事なのでもう1度言いますが、あくまでも私の主観による順位であり、どの商品も美味しいです!

濃さの比較

濃さについて。濃いものはドロドロしていて、薄いものはサラサラしています。商品ごとに検証してみたので写真を使って紹介させていただきます。

以下の流れで検証。

【検証方法】

  1. 透明なコップを水ですすぐ
  2. コップによく振ったトマトジュースを注ぐ
  3. 一気に飲み干す
  4. コップに不着したのを確認

簡単ですが、分かり易いと思うのでドロドロさの参考にして下さい。

理想のトマト(伊藤園)

理想のトマトの濃さ理想のトマトの濃さ

今回紹介した商品の中で1番の濃さ、ドロドロ感!個人的に理想のトマトの喉ごしがたまりません。

もっき
もっき
飲みごたえ抜群!

リコピンリッチ(デルモンテ)

リコピンリッチの濃さリコピンリッチの濃さ

理想のトマトに次いでかなり濃厚でドロドロしています。理想のトマトに比べると甘みが少ない感じ。

トマトジュース(カゴメ)

カゴメトマトジュースの濃さカゴメトマトジュースの濃さ

そこまでドロドロしておらず、かといってサラサラし過ぎない中間ぐらい。トマトジュースの王様と言っても過言では無いカゴメさんの商品。

もっき
もっき
飲みにくい方は塩を少々加えると更に美味しくなるよ!

熟トマト(伊藤園)

熟トマトの濃さ熟トマトの濃さ

あまり濃く無く、サラサラしていますが、味が薄い訳ではなくスッキリした飲み味です。苦手な方でも飲みやすいんじゃないでしょうか。

桃太郎ブレンド(デルモンテ)

桃太郎ブレンドの濃さ桃太郎ブレンドの濃さ

カゴメと比べると少し濃い目ですがサッパリしていて飲みにくさは感じさせません。

トマトジュース(デルモンテ)

デルモンテトマトジュースの濃さデルモンテトマトジュースの濃さ

中間ぐらいの濃さですが、若干薄め。サラサラ派には飲みやすいと思います。

トマトジュース(トップバリュ)

トップバリュトマトジュースの濃さトップバリュトマトジュースの濃さ

薄めでサラサラですが、水っぽさを感じる訳では無いです。野菜ジュースの様な感じでしょうか。

総評

各商品それぞれですが、濃さで言えば理想のトマトとリコピンリッチが圧倒的にドロドロしています。個人の好みがあると思いますのでご参考程度に。

トマト臭さで言うと、カゴメが1番香りが強いと思います。

もっき
もっき
自分に合ったトマトジュースを飲む事が1番!

リコピンについて

トマトジュースと言えばリコピン。リコピンには抗酸化作用、美肌効果があるとされています。私が気になったのが飲み過ぎによるリコピンの過剰摂取について。色々と調べてみましたが、飲む事で摂取するリコピン程度では問題が無さそうです。

私はトマトジュースが好きすぎで、普通に1日1本(900g)、多い時にはそれ以上飲んでしまいますが、今まで不調をきたした事はありません。

もっき
もっき
人の事言えませんが、何でも過度な事は良くないので、飲み過ぎには注意しましょう!

食塩無添加について

今回は食塩無添加の商品に限って紹介しましたが、ハッキリ言って食塩が入っている方が断然美味しいです。

ヨメもっき
ヨメもっき
食塩無添加なのにしょっぱく感じるのはどうして?
もっき
もっき
それはトマト自体に含まれているナトリウムという成分!

どの商品も「食塩無添加」と記載されていますが、これは無塩という意味では無く、「人工的に食塩を加えていませんよ」という意味です。また、ナトリウムの量から以下の数式で食塩相当量を求める事が出来ます。

【ナトリウム量(mg)】×【2.54】÷【1000】=【食塩相当量(g)】

つまりトマト自体に含まれているナトリウムがしょっぱさを感じさせる要因になっているんです。

ヨメもっき
ヨメもっき
そうすると塩分があるから身体に良くないんじゃないの?
もっき
もっき
トマトにはカリウムも含まれているからそんなに気にしなくて大丈夫!
カリウムにはナトリウムを尿として体外に排出する働きがあるので食塩無添加についてはそこまで気にしなくても大丈夫です。

まとめ

長々と紹介させていただきましたが、簡単に要点をまとめました。

要点まとめ
  • 各商品共に、味・濃さ・値段がバラバラ
  • 自分に合ったトマトジュースを見つける事が1番
  • 飲み過ぎによるリコピンの過剰摂取は大丈夫
  • 塩分に関してもそこまで気にしなくて大丈夫
  • 飲み過ぎには注意

身体に良いとされているトマトジュースですが、苦手な方も多い様なので少しでも参考になれば幸いです。

ABOUT ME
mokki
2018年に30歳となり、第一子となる息子が誕生。田舎の中小企業に勤務。 朝起きて、仕事に行き、帰ってきては寝る。という同じ様な毎日から抜け出したくてブログを始める。自身の経験を基にお役立ち情報を配信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。