阪神タイガース

球宴史上2人目!近本選手サイクルヒット達成!阪神ファンの私が思う事

近本選手サイクルヒット達成

2019年7月13日(土)甲子園球場で開催されたオールスター第2戦。予定が無ければ私も甲子園で観戦予定だったんですが、どうしても外せない予定がありテレビ観戦し、たくさんの選手が活躍されました。

中でも甲子園を本拠地とする阪神タイガースの選手の活躍は素直に嬉しかったです。

そして… 近本選手 サイクルヒット達成おめでとう!!

サイクルヒットとは1人の選手が1試合に単打・二塁打・三塁打・本塁打を打つ事です。

近本選手の活躍

近本選手の打席結果

一打席目:ホームラン

二打席目:ツーベースヒット

三打席目:ヒット

四打席目:ツーベースヒット

五打席目:スリーベースヒット

この試合1番センターで先発出場をした近本選手。第一打席では山岡選手の直球を左中間スタンドへ先頭打者ホームランを放ちます。オールスターでの新人による先頭打者ホームランは初の事です。

第2打席は一塁線を鋭く破っていくツーベース。近本選手が打った瞬間、スリーベースだ!と思ったんですが近本選手は二塁ストップします。

第3打席は一二塁間を渋く破っていくシングルヒット。

この時点でスリーベースが出ればサイクルヒット達成とリーチをかけます。

第4打席は左中間へのツーベース。この日はあいにくの天気で雨が降る中の試合だった為、外野の芝が濡れ、打球が転がりません。グランドコンディションが良ければ深々と外野の間を抜けていたかもしれません。

ラストチャンスの第5打席。左中間を越える大きなフライでのスリーベース。正直な所、球宴ならではのサポートもあっての達成と感じました。

ともあれ近本選手のサイクルヒット達成は素直に嬉しかったですし、先頭打者ホームランを含む5打数5安打という記録は素晴らしいと思います。

物議を呼んでいるプレー

近本選手の第5打席。スリーベースが出ればサイクルヒット達成という場面でスリーベースとなったプレーが様々な物議を呼んでいます。

近本選手が打席に立つと外野スタンドのファンからは「外野もっと前に行け~」「空気読め~」という声が飛び交います。

これを聞き、センターの守備に就いていたパの西川選手は後にファンの声援に負けたとレフトを守っていた秋山選手にも全身守備を指示します。

結果、近本選手が打った打球はレフトを守る秋山選手の頭上を大きく超えていきます。この打球は前進守備じゃなかったとしても外野の頭は越えてたんじゃないかと私は思います。

秋山選手は打球を処理し、ショートを守る源田選手へ送球します。

ここで近本選手は二塁を回った所で一旦スピードを緩めます。三塁へ向かう意思が無くなったと感じたからか源田選手も三塁への送球をためらいます。

しかし、再び三塁へスタートした近本選手を見て源田選手は三塁へ送球。焦ったのか、アシストをしたのかは本人しか分かりませんが、三塁への送球は右に少し逸れ、ワンバウンドでサードを守る松田選手の所へ。

これを松田選手が捕球出来ず、近本選手へ空タッチ。

記録はスリーベースとなりました。

プレーごとにみていきます。

外野の前進守備

外野の前進守備についてはファンの希望に選手が応えたという事になります。これは球宴ならではだと思いますし、近本選手の打球が外野を越えたのは結果論ですね。

少なくともファンと選手が一体となって盛り上がる。球宴の醍醐味とも言えます。

西川選手は傘を持って守備に就き、外野のファンと東京音頭(ヤクルトの応援歌)を踊る等、ファンサービスも素晴らしかったです。

源田選手と近本選手

源田選手と近本選手の間には目に見えないやり取りがあったように感じました。「三塁狙わないの?」というようなやり取りがあの一瞬で行われたように思います。

実際に源田選手の送球も私にはいつもより力の無い送球に見えたので、源田選手が球場の雰囲気を汲み取り、アシストをしたように思います。

松田選手のプレー

松田選手の捕球からタッチまでのプレーですが、実は私は松田選手のプレーは全力に見えました。グランドコンディションも悪く、ワンバウンドの送球だったので本当に捕球出来なかったんじゃないかと。

ただ、お祭り男の松田選手。捕球せずに空タッチをする演技とみているファンの方も多いようです。

忘れてはいけない坂本選手の走塁

実は近本選手の打席では一塁に坂本選手が出塁していました。つまり、坂本選手が三塁で止まっていれば近本選手のスリーベースは無かったという事に。

後に「打球が上がった瞬間にホームまで行かないと」と、ホームまで疾走します。

以上の事からファン、選手含めて様々なアシストがあっての達成となったのは間違いありません。

さいごに

賛否両論ですが、私は「アリ」だと思います。もちろん公式戦ではありえませんが、これは球宴。「宴」なんです。ファンを喜ばせるのもプロだから出来る事。今回は少数ながら良く思わないファンの方もいるようなので物議を呼ぶ形となりました。

確かに否定されている方の意見も分かるんですが、私は率直にご両親を招待した試合で先頭打者ホームランを含む5打数5安打を達成、サイクルヒット達成という近本選手の素晴らしい記録を祝福したいと思います。

ABOUT ME
mokki
2018年に30歳となり、第一子となる息子が誕生。田舎の中小企業に勤務。 朝起きて、仕事に行き、帰ってきては寝る。という同じ様な毎日から抜け出したくてブログを始める。自身の経験を基にお役立ち情報を配信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。