Apple製品

今さらですがAirPods2を購入!値段や機能、使い方について

AirPods2購入レビュー

自称Apple信者の私ですが、つい先日AirPods2を購入しました。実は前々から欲しかったんですが、近所の電気屋さんはいつ行っても品切れ状態…。結局Appleの公式ストアから購入しました。

せっかくなので私が購入した方法、使い方等を紹介させていただきます。

AirPods2とは

箱に入ったAirPods2箱に入ったAirPods2

AirPods2はAppleから発売されているワイヤレスに対応したマイク付イヤフォンの名称で、私はエアーポッズと読んでいますが、エアーポッドとも読むようです。

使い方としてはハンズフリー通話はもちろん、音楽の再生やSiriの呼び出し、MacやiPad等の他製品への接続も簡単にできます。

もっき
もっき
先端にマイクが付いている独特な形状から、耳からうどんが出ている!なんて言われます(笑)

ちなみに私の場合、最寄りの電気屋さんを5件ほど周りましたが、どのお店も品切れで取り寄せ品となっていました。

店員さんに確認したところ、最短でも3週間程掛かるという事で、Appleストア(公式サイト)から普通に購入しました。なんと注文から2日後に到着…。品薄という訳では無さそうですね。電気屋さんでも普通に定価販売なので今すぐ欲しい!という事で無ければネットで購入した方が早いかもしれません。

ワイヤレス充電対応モデル

AirPods2はワイヤレス充電に対応している物とそうでない物の2種類が発売されています。

Apple AirPods with Wireless Charging Case (最新モデル)

こちらはワイヤレス充電対応モデル。価格は税別22,800円と決して安い値段ではありませんが、Qi充電器を使う事で置くだけで充電が出来ます

ワイヤレス充電非対応モデル

Apple AirPods with Charging Case (最新モデル)

こちらはワイヤレス充電非対応のモデル。価格は税別17,800円とワイヤレス充電に対応していない分5,000円安くなっています。

違いはワイヤレス充電に対応しているかという点だけで、イヤフォン本体に性能差はありません。

充電方法はライトニングケーブルを直接つなげる事で充電が可能です。

もっき
もっき
私が購入したのはこちらのモデルです!

ワイヤレス充電ケース

Apple Wireless Charging Case for AirPods (最新モデル)

こちらはワイヤレス充電対応のケース。注意したいのはイヤフォン本体は付属していないという点。価格は税別8,800円。

ちなみに全ての世代のAirPodsを充電出来るので第1世代のAirPodsも充電出来ますし、ワイヤレス充電非対応の第2世代AirPodsも充電が出来ます。もちろんライトニングケーブルでの充電にも対応しています。

後々ワイヤレスに対応したくなった方やケースを無くしてしまった方向けの商品ですね。

価格比較

ワイヤレス充電対応 22,800円(税別)
ワイヤレス充電非対応 17,800円(税別)
ワイヤレス充電対応ケース 8,800円(税別)

ワイヤレス充電対応モデルはその名の通りQi充電(チー充電)に対応しており、置くだけで充電する事が可能で、ワイヤレス充電非対応のモデルはライトニングケーブルをケースに差し込んで充電します。

金額差は5,000円なので自身の使い方と相談し、購入検討下さい。

ちなみに私は非対応の物を購入しました。理由は単純に5,000円の差が大きいと思ったのとiPhone XsやAppleWatchを持っていますがQi充電器を持っていない事から特に不便も感じて無かったので非対応モデルを購入しました。

ワイヤレス充電対応ケースについてはケースを無くしてしまった方、後々ワイヤレス充電に切り替えたい方向け。ただ、普通にワイヤレス充電対応モデルを買うより割高になってしまうので迷っている方は最初からワイヤレス充電に対応しているモデルを購入する方が良いと思います。

AirPodsの大きさ

まず最初に感じた事は意外と小さいという事。

AirPods2と500円玉の大きさAirPodsと500円玉の大きさ比較

500円玉と比較しても分かると思いますが、ケースに入れた状態で縦53.5mm 横44.3mm 厚さ21.3mmそんなに大きくありません。実際に手に持ってみると丸みを帯びたフォルムだからか、もう少し小さい気がします。

私がまず思ったのが 失くしそうで怖いな… です(笑)

充電性能と機能

まず性能ですが、先ほどから紹介している通りワイヤレス充電に対応しているかしていないかという点以外はイヤフォンに性能差はありません

充電性能

充電性能はケースで充電しつつ使用する場合は最大で24時間以上。イヤフォン本体の充電性能は音楽の連続再生5時間。連続通話時間3時間というもの。

3時間以上電話する事もまずありませんし、音楽を5時間以上聞く事もほとんど無いと思うので充電性能については十分でしょう。おまけに充電速度も早く、わずか15分の充電で最大3時間の再生時間を誇ります。

iPhoneとの接続も非常にスムーズで、ケースの蓋を開くだけで自動的に接続されます。最初の初期設定もケースの蓋を開くとiPhone側に「接続」というボタンが表示されるのでタップするだけ。

iPhone側でAirPodsのバッテリー残量を確認できますiPhone側でAirPodsのバッテリー残量を確認

バッテリーの確認はケースの蓋を開ける事でiPhone側に表示されます。また、その際に片方のAirPodsを抜くと、左右両方の残量が確認出来ます

機能について

第2世代のAirPodsからは「Hey Siri」と呼びかける事でSiriを呼び出す事が出来るようになりました。

他にも左右のAirPodsをダブルタップする事で曲送りや停止等のコマンドを割り当てる事が出来ます。

IPhoneの設定画面からAirPodsにコマンドを割り振る事が可能IPhoneの設定画面からAirPodsにコマンドを割り振る事が可能

私の場合は左側ダブルタップでSiriの起動、右側ダブルタップで曲送りと設定しています。

自分好みに設定できるのも良い点ですね。

さいごに

昔使っていたBluetoothのマイク付イヤフォンがあまり使い勝手が良く無かったのであまり良いイメージが無かったんですが購入して正解でした。

私が主に使っているのが音楽再生、電話、動画編集、WEB会議の4つなんですが、iPhone ⇔ MacBookの切り替えも簡単かつスムーズでさすがApple製品だと改めて感心しましたね。こういった点でAppleから抜け出せなくなるんですね。(良い意味)

電話が鳴ってから取り付けてもタイムラグ無く装着できるので慌てる必要もありません。また、今さらなんですが電話時に両手が使えるというのは非常に便利ですね。本当に今さらですが(笑)音質もクリアでこちらの声も相手にきちんと届きます。

後はApple Watchとの相性も良いです。音楽再生時はAppleWatchで音量の調節、曲送り、曲戻しも簡単。

シリコンカバーを取り付けたAirPods2シリコンカバーを取り付けたAirPods2

後は傷がつくのが嫌だったのでシリコンカバーを装着しました。見た目はあんまりですがしっかり守ってくれ、数百円と安価でした。

もっき
もっき
久しぶりのApple製品の購入でしたが大満足!

それでは最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
mokki
2018年に30歳となり、第一子となる息子が誕生。田舎の中小企業に勤務。 朝起きて、仕事に行き、帰ってきては寝る。という同じ様な毎日から抜け出したくてブログを始める。自身の経験を基にお役立ち情報を配信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。